理不尽冷め。元カレが食べ物をよく「混ぜる」人だった。

abee001 - 理不尽冷め。元カレが食べ物をよく「混ぜる」人だった。 子育て情報
百年の恋も冷めた瞬間 Open 10年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1594041424/
752: 21/01/30(土)12:49:00 ID:kB.ja.L1
理不尽冷め、あるいは私が神経質なだけかもな冷め話。元カレが食べ物をよく「混ぜる」人だった。といっても、非常識な組み合わせって訳ではなくて、例えばお好み焼きの上にかかった網目状のソース&マヨネーズを、削り節や青のりごと満遍なく混ぜて塗って食べる。彼いわく「味が均一になる」「混ざってないと味に偏りが出そうでそれが嫌」らしい。混ぜる以外は普通の食べ方をしてるので、最初はあまり気にしてなかった。カレーライスやミートスパゲティ、納豆ご飯などは、まぁたまにやってる人を見かけるし許容範囲。が、親子丼や牛丼をまぜまぜしてるのを見たときから、え…と思い始めた。彼の混ぜ癖は、特にご飯ものの時が顕著だったんだよね。要するに、白米に何かを乗せて食べることが出来ない。乗せるぐらいなら混ぜちゃう。ちなみに豚丼や天丼・海鮮丼など、明らかに混ぜられないサイズの具が乗ってる場合は、上の具を綺麗に別皿に避け、白米+おかず形式で食べる。そうすることで「混ぜられない諦めがつく」らしい。ここら辺で引き始めた。具を別に避けてるのも、ちょっとどうなんだと感じた。イクラ丼も混ぜる。塩辛や明太子を食べるときも、どさっと乗せて茶碗すべての白米を混ぜる。海苔の佃煮を食べたときは、終わったあとの茶碗が海苔で真っ黒になってて、それも引いた。せめて家で食べるときだけならまだ良かったんだけど、外食でも平気で混ぜるので、しらす丼を混ぜられた日には、店員さんや周囲の客が二度見したりクスクスしたりしてて、大変恥ずかしかった。せめて外食では普通に食べようよとお願いしても、そうすると美味しさが半減

リンク元

Copied title and URL